So-net無料ブログ作成

MAZ-537後期生産型 原型制作記 [模型]

 まだ商品化するかは未定だけど、ほとんど自分のためだけにやってるプロジェクトがMAZ-537後期生産型の3Dプリントモデル。

 商品化未定なのがなぜかというと、このサイズだと中空化で光硬化樹脂の使用量を減らしてコストを下げる事の出来るパーツが少なく、どうしても高価なものになってしまう、と言うのが理由(KrAZ255が実際はいくらかというのは墓場まで持っていくつもりの秘密なのだ)。

 と言うことで、いくらでも払うぜっ、みたいな方は楽しみにしていただけるとうれしいです。今度もタイヤ地獄へおつきあいください。今回は8輪駆動です。

maz-537test2.jpg

 タイヤはKrAZ255で使った物を拡大してハブを入れ替えた物。これが意外とでかくてかつ中空化できなくてコスト上昇を引き起こす元凶な訳です。(とは言え、KrAZ255を1/72に拡大して出力しようかとたくらんでるので、コスト云々は言えた義理じゃないです。え?なぜ1/72かって?ChMZAP5208を作ったときにNorthStarModelとMWの1/72レジンキットを入手してあるから、それと組み合わせるためなんですよ)

 もしも商品化したら今回はたぶん、トラクターとセミトレーラーを合わせて1諭吉さんくらいになるかも知れませんね。もちろん、努力しますけど。(紙でコロコロさんの前期型があのお値段なのでなんというか・・・)



つづきの小芝居を以下略